多くのカプセル

イライラを

買物する老人

女性が更年期になると、ホルモンバランスが乱れてしまうことからイライラしてしまう方が多くなります。そんなイライラを対処する方法には、さまざまな方法があげられます。

» Read more

内科で診てもらう

仲間と運動

胸が苦しいなどの症状が現れた場合は、内科で受診してもらうことをおすすめします。しかし、中には、内科では異常がないと診断され精神科や心療内科をすすめられた人もいます。

» Read more

耳鳴りや難聴

サプリメント売場

耳鳴りや難聴が現れた場合は、耳鼻科にいく必要があります。保険の適用が効くため、治療費が安くなる可能性もあります。症状が深刻になると耳が聞こえなくなる危険性があるため注意が必要です。

» Read more

予防効果がある

ヘルシーに

高齢になると発症者が多くなる認知症は、病気が原因で発症することもありますが、生活習慣を見直すことでも予防ができると言われています。 認知症の発症リスクが高まる生活習慣には、偏った食事や運動不足、過度の飲酒や喫煙などがあげられます。 食事面においては抗酸化作用のある食品を意識して取り入れることで脳の老化も防ぐことができます。抗酸化作用のある食材としては緑黄色野菜や青魚などが代表的です。 運動面においては、適度な運動が脳を刺激すると言われています。特に有酸素運動が効果的とされています。 また、アルコールはワインには抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているので、適量であれば体に良いとされていますが、過度の飲酒を続けていると脳が委縮し認知症の発症率が高まると言われています。

認知症を予防するためには、サプリメントを利用することも効果的です。 特に最近では、DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸には、集中力を高めたり記憶力を高める作用があることがわかっており、認知症予防に効果があると注目されています。 オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸と言われていて、体の中で作られるものでないため食品などから摂取するしかありません。しかし、食品だけで必要量を摂取するのは現実的に難しいため、サプリメントなどで補うことが望ましいとされています。 その他にも最近では認知症予防サプリメントとして、ギャバやレシチンなど色々な種類が販売されています。これらの認知症予防サプリメントの多くは、脳細胞の代謝を高める働きがあります。