内科で診てもらう

仲間と運動

胸が苦しいと訴えていた70歳の家族がいます。内科等で診察を受けても悪いところはみつからず原因がわからなかったときに内科の医師の方から精神科の受診を勧められたのです。しかし本人は精神科での診察を受けることに抵抗があり病院に行くことを拒否したのです。症状が改善せずひどくなる一方のため心療内科で診察を受けることを提案し本人も精神科ではないことに安堵したのか素直に診察を受けることに同意したのです。70歳のという年齢のため心療内科で医師のカウンセリング際にアルツハイマーの簡単な検査を受けることになったのです。アルツハイマーに関しては今のところ心配はないがこの先は可能性があるといわれ治療薬が処方されることになったのです。

心療内科の診察結果はノイローゼであったが、一つのことに固執することが影響しているのか物忘れがひどくなっていることを指摘されたのです。物忘れはアルツハイマーの危険性があるため貼り薬を使用して治療をすることになったのです。アルツハイマーの治療薬で張り薬を使うことに驚き、効果が期待できるのかを確認すると張り薬はポピュラーな治療薬で病状を進行させない効果が期待できると説明を受けたのです。アルツハイマーの予防薬としても手軽で効き目が期待できるので処方するとの医師の話です。アルツハイマーを発症しても病気が進行しなければ普通通りに生活を送ることができるので本人にとっても家族にとっても平凡な日常を過ごすことが可能です。家族の通院でアルツハイマーの治療に貼り薬が使われていることを知ったのです。